ログイン | 新規登録| マイページ

トップ >>夢幻 RMTニュース>>TERA RMTプレイヤー達の活動範囲が大幅に広がる

TERA RMTプレイヤー達の活動範囲が大幅に広がる

2012-02-14-06:30

夢幻 RMTご愛護頂き誠にありがとうございます。

TERA RMT2011年11月に行われた大型アップデートによってゲーム内世界が激変しているが,そのプレイ環境をより遊びやすいものにする,というのが本アップデートの狙いである。ベテランから初心者まで,幅広いプレイヤーにとって見逃せない内容となっている。今回も、テラを務めるタペカム氏によるレクチャーを受けつつ,アップデートの内容を一足お先に確認できたので,テラ RMT情報を整理しつつ紹介していこう。

本アップデートで一番の見どころといえるのは,新たに登場するインスタンスダンジョン「カルティアの迷宮」である。ダンジョンへは,アデン城の村にいる“カルティア研究員”というNPCを通じて移動することになる。TERA RMTシーレンの命令を受けた異次元の魔物が,アデン大陸に侵入しようとしており,これを阻止するというストーリーだ。従来のダンジョンは,内部を歩き回り冒険するタイプが多かったが,カルティアはちょっと異なる。ダンジョン内の入口にいるNPCに話しかけて,攻略をスタートするやいなや,まとまった数のモンスターが一斉に襲い掛かってくるのだ。そしてテラ RMTモンスターを撃退しても,次のモンスターの群れが襲い掛かってくる。このような波状攻撃は合計15回にも及び,それらをすべて撃退すると,シーレン配下である特別なボスに挑戦できるようになる,というのが大まかな流れとなっている。

そのほかにも,TERA RMTカルティアの迷宮ならではの特徴がいくつかある。まず,ダンジョンの攻略時に,難度を「レベル55以上」「58以上」「60以上」から選べるようになっている。さらにテラ RMTソロプレイとパーティプレイのどちらでも挑戦可能だ。ちなみに,ソロプレイで挑戦する際は,傭兵NPC3名と一時的にパーティを編成する仕組みである。傭兵NPCは,プレイヤーがターゲットしたモンスターを自動的に狙ってくれるので,ソロでもパーティプレイの雰囲気が満喫できそうだ。ダンジョンの再入場時間は,毎日6:30にリセットされるようになっており,その分,従来のエリアと比較して取得経験値がウマく設定されているとのこと。実装後はレベリング目的で賑わいそうだ。攻略に要する時間も最長1時間と比較的コンパクトにまとまっており,TERA RMT本格的なパーティプレイを行うほどの時間がなくても,ソロプレイでサクっと挑戦できるダンジョンとして重宝しそうである。

最後に待ち受けているボスに関してだが,レベル60のインスタンスに挑戦した際は「ジェラカ」,レベル55では「フェリーネ」,レベル58では「カリオス」と,それぞれ異なっている。今回話をうかがったタペカム氏によると,TERA RMTそれぞれのドロップアイテムも,経験値に負けず劣らず魅力的とのことなので,大いに期待しよう。両エリア共にモンスターの配置が変更され,密集度が高くなっている。ソロプレイでのまとめ狩りが楽しいエリアに仕上がっている,とのことだ。所々に,テラ RMT一般モンスターとレイドモンスターの中間程度の強さという“エリートモンスター”が追加されている点にも注目。経験値やドロップアイテムが平均以上なのはもちろん,討伐時には特別な補助魔法が得られるという。そのほか両エリアでは,TERA RMT新たなクエストを受注できるNPCが確認できた。上で紹介したカルティアの迷宮と同様,覚醒を目標にするプレイヤーにとって,これらのリニューアルによってレベリングの幅が大きく広がりそうだ。

今回のアップデートでは,ベテランプレイヤーと初心者プレイヤーが師弟関係を結ぶ“メンタリングシステム”も改良され,テラ RMTより遊びやすくなる。とくにTERA RMTメンティ(弟子)を希望するプレイヤーを誰でも検索できるようになるのは,新たな師弟関係を結ぶ際に大いに役立ちそうだ。スクロールを捨てればいい。テラによって,低レベルキャラクターのレベリングは大分ラクになっているが,今回のアップデートによって,育成環境はさらに整備されるというわけだ。

今後ともTERA RMTと夢幻 RMTを宜しくお願いします。