ログイン | 新規登録| マイページ

トップ >>夢幻 RMTニュース>>大人風に作ったキャラをRO2 RMT子供タイプに変更

大人風に作ったキャラをRO2 RMT子供タイプに変更

2012-02-01-07:30

夢幻 RMTご愛護頂き誠にありがとうございます。

ラグナロクオンライン2 RMTに表情の確認もできるようになった。主に眉毛のあたりの変化が中心なのだが,無表情,微笑み,不機嫌,悲しみといった感情表現と,半眼,目閉じといったものが指定できる。しゃべりモーションで再生されるので,具体的な表情の様子を確認するにはよい項目といえるだろう。

身体のエディット部分は,ラグナロクオンライン2 RMTこれまでのものと基本的に大きな違いはないように思われる。「かんたん体型編集」と「こだわり体型編集」があり,言葉のイメージで体型を調整できたり,細部を個別に指定できるのは顔エディットと同様だ。こだわり編集では,身長や全体的な体型の調整や,バスト,腕,脚といった部分の調整などが独立でできるのもこれまでと同様である。

新しく追加されたのは筋肉量の指定だ。腹筋の割れや男性キャラでは静脈の浮き出しなどの度合が指定できる。RO2 RMTは顔部分も細かいが,ボディ部分のディテールが半端ではない。たいていは衣服で隠れてしまうのだろうが,立体感は大いに変わってくる。まあ,せっかくだからと筋肉を指定しても,パラメータで半分以下の値では微妙な違いしか出せない。気持ち程度に指定しておこう。

RO2 RMTのキャラエディットというと,バスト調整機能に注目が集まりがちである。前回の紹介記事では,結構全力で,ちっぱいが作れる機能の素晴らしさについて解説したつもりだったのだが,ついでに載せておいた適当な巨乳画像1枚が一人歩きしてしまったような感があり,筆者としては少し不本意であった。RO2 RMTバストのエディット機能についてはあまり変わってないようだ。前回は最小状態では上向きも下向きもほぼ差がなかったと認識していたのだが,今回のバージョンではRO2 RMT胸の谷間あたりの違いが気になった(前と変わってないかもしれないが)。今回,改めていろいろやってみて,個人的には「下向き」を推奨したい。

基本形状が変わってくると思っておけばいいだろう。ラグナロクオンライン2 RMTこのあたりは好みの問題だが,キャラエディット時には,下向きのほうが肌色部分が多くなるので,なんとなく下向きにすることが多くなった。無論,RO2 RMT服を着せると関係ないわけだが,今後水着アバターコスチュームなどが出てきたときには,このあたりの違いが大きく出てくるかもしれない。

最大の変更点となるのは,キャストのエディット範囲が大幅に拡大されたことである。RO2 RMTパーツを選択して色を塗るだけでもかなり楽しかったのだが,顔は人間型のものが利用できるようになったほか,ボディパーツが増え,女性型キャストではバストサイズも指定できるようになった。ただし,RO2 RMTあくまでもロボットであるという前提に変わりはないようで,要するに動いても人型種族のように揺れたりはしない。柔らかい素材だという設定にしたとしても,誰も困らない気はするのだが,それならヒューマンやニューマンを選べばよいわけで,硬い膨らみの質感がイイんだというマニアックな人にはたまらない仕様になっているのかもしれない。

なんやかんやで「キャスト」という種族のエディット内容は激変したわけだが,ラグナロクオンライン2 RMTエディットできる内容はヒューマンやニューマンと基本的に同じなので,操作自体に戸惑う人はいないだろう。ただ,RO2 RMT顔のマスク指定などがについては少し独特といえるかもしれない。とにかく,ラグナロクオンライン2 RMTほとんど人間タイプのキャストが制作できるようになったことで,キャラクターの幅はかなり広がった感じである。

最後に作例を並べておくので,RO2 RMTのキャラクターエディット機能のデキを察していただければ幸いだ。欲を言えば,髪形などでさらなる拡充が望まれるところだが,それらは今後追加されることに期待したい。現時点でもかなり楽しめるキャラクターエディット機能に仕上がっているので,今後の熟成が楽しみである。

今後ともラグナロクオンライン2 RMTと夢幻 RMTを宜しくお願いします。